お知らせ

2022年03月23日

交通事故にあってしまったら(被害者編)

こんにちは!星の鍼灸接骨院 星野です✨


今日は交通事故にあってしまったら(ぶつけられてしまった)どのようにしたらいいかをお話いたします。

事故にあってしまった時の手順です。

~事故当日~

1.負傷者の救護
2.警察に連絡する
3.加害者の情報・車両ナンバーの確認
4.現場などの証拠の確保・事故記録をとっておく
5.自分の加入している保険会社へ連絡する
6.医療機関の受診

1.負傷者の救護
負傷者がいるか確認し、緊急を要する場合は救急車を呼びましょう。
・救急車を呼ぶ場合『119』に電話しましょう。

2.警察に連絡する
警察へ人身事故届けの連絡をしましょう。
・警察の電話番号は『110』です。
・加害者が電話しない場合は警察に連絡しましょう。
・事故の発生時間・場所・事故の状況を伝えます。
※小さな事故だからと警察に連絡しないと「事故証明書」が発行されません。必ず警察に連絡しましょう。

3.加害者の情報・車両ナンバーの確認
加害者の車検証、免許証を確認し、あわせて連絡先(住所・電話番号・勤務先)も交換しておきましょう。
・この際に自賠責保険・任意保険の加入状況も聞いておきます。

4.現場などの証拠の確保・事故記録をとっておく
・時間が経つと記憶は曖昧になるため、なるべく早めに事故状況をメモしておきましょう。
・あわせて写真も撮影しておくといいです。
・ドライブレコーダーがある場合はSDカードを抜いて証拠としてとっておきましょう。

5.自分の加入している保険会社へ連絡
・早朝や深夜などでも事故サポート専用の番号があるので連絡しましょう。

6.医療機関への受診(星の鍼灸接骨院⇒提携の整形外科)
・事故直後は知らずと緊張状態にあるため自覚症状がなかったり、軽いケガだからといって、医療機関を受診しないで後で痛みがでることが多くあるため必ず受診しましょう。
・また医療機関の診断書がないと保険金が支払われません。必ず診断書を発行してもらいましょう。
・診断書は接骨院・警察署で必要になるので予備にコピーをしておきましょう。



交通事故治療は期間が限られてしまっているため、しっかり治療しておかないと後々、後遺症に悩まされてしまいます。早めの治療・改善がとても大切になりますので、わからないことなどありましたら電話だけでも気軽にお問合せくださいね!

また、転院も可能ですので痛みの改善がなく心配な方も気軽にご相談ください。

星の鍼灸接骨院  0276-59-9672